差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
programming_algorithm:contest_history:atcoder:2019:1201_sumitrust2019 [2019/12/03]
ikatakos [解法]
programming_algorithm:contest_history:atcoder:2019:1201_sumitrust2019 [2019/12/03] (現在)
ikatakos [解法]
ライン 229: ライン 229:
 ===A1<​B1の場合=== ===A1<​B1の場合===
  
-Aさんは $T_1$ で出遅れ、その差はいくら $A_2$ が速かろうと、$A_t \lt B_t$ なので挽回できることはない。よって0回。+Aさんは $T_1$ で出遅れ、その差は $A_t \lt B_t$ なので挽回できることはない。よって0回。
  
 ===A1>​B1の場合=== ===A1>​B1の場合===
programming_algorithm/contest_history/atcoder/2019/1201_sumitrust2019.txt · 最終更新: 2019/12/03 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0