差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
programming_algorithm:contest_history:atcoder:2019:0106_educational_dp_4 [2019/02/08]
ikatakos [解法]
programming_algorithm:contest_history:atcoder:2019:0106_educational_dp_4 [2019/02/08] (現在)
ikatakos [解法]
ライン 248: ライン 248:
  
 === 初期条件 === === 初期条件 ===
--1など、重さ $j$ が処理済/未処理であることが区別できる値で埋めておく+$DP[0][0]=0$ 
 + 
 +他は、重さ $j$ が実現可能/不可能であることが区別できるよう、-1など正しい重さになり得ない値で埋めておく
  
-DP[0][0]=0 
  
 === 優先順位 === === 優先順位 ===
programming_algorithm/contest_history/atcoder/2019/0106_educational_dp_4.txt · 最終更新: 2019/02/08 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0