AtCoder Regular Contest 116 A,B,C,D,E,F問題メモ

AtCoder Regular Contest 116

Dのイージーミスの原因究明までにWA出しまくったのがもったいなかった。。。

A - Odd vs Even

問題

  • 正整数 $N$ の約数には、偶数が多いか奇数が多いか同じか、判定せよ
  • テストケースは $T$ 個与えられる
  • $1 \le T \le 2 \times 10^5$
  • $1 \le N \le 10^{18}$

解法

素因数分解したときの2の個数で判定できる。

素因数のうち、2以外(奇数だけ)を組み合わせて作られる約数は全て奇数。

そこに2が1個あったら、それぞれにかけることで、同数の偶数の約数が作られる。

N =       3^2 * 5  →  1  3  5  9 15  45
N = 2   * 3^2 * 5  →  2  6 10 18 30  90 (上記に加えて)
N = 2^2 * 3^2 * 5  →  4 12 20 36 60 180 (上記にさらに加えて)

2が2個あったら、奇数の2倍の偶数の約数が作られる。この時点で奇数は逆転不可能。

よって、$N$ が奇数なら'Odd'、2の倍数で4の倍数でないなら'Same'、4の倍数なら'Even'となる。

Python3

B - Products of Min-Max

問題

  • 長さ $N$ の整数列 $A$ が与えられる
  • $A$ の空でない部分列 $B$ は $2^{N-1}$ 個あるが、全てについて $\max(B) \times min(B)$ を計算し、その総和を $\mod{998244353}$ で求めよ
  • $1 \le N \le 2 \times 10^5$

解法

この問題における部分列は、連続していなくてもいい点に注意。そのため、最初に $A$ をソートして考えて問題ない。

最小値,最大値を固定し、これらが $\min(B),\max(B)$ になるような $B$ が何個あるか考える。

 max=   2  3  5  6  8  9

min=2   1  1  2  4  8 16
min=3      1  1  2  4  8
min=5         1  1  2  4
min=6            1  1  2
min=8               1  1
min=9                  1

例えば $\min=2,\max=6$ の時、間の $3,5$ が入るか入らないかで $2^2=4$ 通りの $B$ があり、答えに寄与するのは $2 \times 6 \times 4=48$ となる。

最小値を中心にまとめると、$\min=2$ のとき、$2 \cdot 1 + 3 \cdot 1 + 5 \cdot 2 + \ldots + 9 \cdot 16$ だけ寄与する。

表を見ると、minが1つ大きい値になるたびに、各値とのペアの数は概ね $\dfrac{1}{2}$ ずつになっていく。

なので、最初に $\min=2$ の時の係数 $C$ を上記の通り求めると、 次の $\min=3$ の時の係数は、$C'=\dfrac{C - 2 + 3}{2}$ で求められる。

さらに次の $\min=5$ の時の係数は $C''=\dfrac{C'-3+5}{2}$ ……と、逐次的に $O(1)$ で求められる。

Python3

C - Multiple Sequences

問題

  • 正整数 $N,M$ が与えられる
  • 長さ $N$ の整数列 $A$ で、以下の条件をともに満たすものの数を $\mod{998244353}$ で求めよ
  • 条件
    • $1 \le A_i \le M$
    • $A_{i+1}$ は $A_i$ の倍数
  • $1 \le N,M \le 2 \times 10^5$

解法

$A_N$ の値を $1~M$ まで全探索する。

$A_N=k$ と固定した時、$k$ の素因数分解がたとえば $360=2^3 \ 3^2 \ 5$ とかだったとすると、

  • $A_i$ と比べて $A_{i+1}$ が2倍になる箇所が、重複を許して3箇所
  • $A_i$ と比べて $A_{i+1}$ が3倍になる箇所が、重複を許して2箇所
  • $A_i$ と比べて $A_{i+1}$ が5倍になる箇所が、重複を許して1箇所

となるので、そのような数列の個数は重複組み合わせを使って ${}_NH_3 \times {}_NH_2 \times {}_NH_1$ と数えられる。

便宜的に $A_0=1$ とすると、○倍とする箇所の候補は $N$ 箇所というのがわかる。

  A0  A1  A2  A3  ...   AN
   1   ?   ?   ?       360
    ↑  ↑  ↑  ↑   ↑    ←N箇所

計算量は、素数を事前計算しておけば

  • $M$ 個のそれぞれにつき
    • $O(\log{M})$ で素因数分解
    • $O(素因数の個数)$ 回、重複組み合わせを計算して掛け合わせる

で計算できる。素因数の個数は最大でもそんなに大きくならないし、ほとんどは1~3個程度なのでまぁ定数と見てよく(乱暴)、$O(M \log{M})$ 程度となる。

Python3

D - I Wanna Win The Game

問題

  • 正整数 $N,M$ が与えられる
  • 長さ $N$ の整数列 $A$ で、以下の条件を全て満たすものの数を $\mod{998244353}$ で答えよ
  • 条件
    • 全要素は非負
    • 全要素の和は $M$
    • 全要素のXORは $0$
  • $1 \le N,M \le 5000$

解法

なんかC問題と似てる。解き方もまぁ似てるような気がする。

まず例外処理として、$N=1$ の時、XORを0にできず不可能なので除く。

総XOR=0の制約から、各bitについて、そこを'1'とする項は偶数個とならなければいけない。

なので、上位bitから、そのbitを'1'にする項の個数を「偶数」「個数が $N$ を超えない」「より上位のbitの結果と併せて、総和が $M$ を超えない」範囲で遷移するDPを作る。

  • $DP[i][j]=$ 上位から $i$ 番目のbitまでで立てるbitを決め終わって、総和を $M$ とするための残りが $j$ である数列の個数

初期値は $DP[0][M]=1$ となる。

N = 5   M = 20 = 10100(2)

bit    DPの内容
       10100:  1    初期状態

 1000  10100:  1    
         100: 10    残り10100からbit'1000'を2個立てると残り100,
                    立て方の場合の数は二項係数で 1 x 5C2通り
  
  100  10100:  1
         100: 15    残り10100からbitを4個, 個数  1 x 5C4 を加算
        1100: 10    残り10100からbitを2個, 個数  1 x 5C2

   10  10100:  1
         100: 65    残り 1100からbitを4個, 個数 10 x 5C4 加算
        1100: 15    残り10100からbitを4個, 個数  1 x 5C4 加算
       10000: 10    残り10100からbitを2個, 個数  1 x 5C2
        1000:100    残り 1100からbitを2個, 個数 10 x 5C2
           0:150    残り  100からbitを2個, 個数 15 x 5C2

このように、残り $j$ からbit $b$ を $k$ 個立てた時、$DP[i][j-bk]+=DP[i-1][j] \times {}_NC_k$ で遷移できる。

最終的に、$DP[Mのbit長][0]$ が答え。

計算量は、DPにおける $i$ の状態数が $O(\log{M})$、$j$ の状態数が $O(M)$、さらに各 $DP[i][j]$ につき何個のbitを立てるかで $O(N)$。あわせて $O(NM\log{M})$ となる。

もう少し細かく見ると、$j$ の状態数はdictなどで持つと $i$ が進む毎に1,2,4,8,…と2倍ずつになっていくので、$(i,j)$ の組の状態数がまとめて $O(M)$ となり、全体で $O(NM)$ となる。

Python3

E - Spread of Information

問題

  • $N$ 頂点の木と見なせる都市と道路がある
  • 国王が、時刻 $0$ に $K$ 個の都市に情報を伝える
  • 時刻 $t$ に情報が伝えられた各都市は、時刻 $t+1$ に、自身と道路で直接つながっている全ての都市に情報を伝える
  • 適切に最初の $K$ 個の都市を選んだとき、全ての都市に情報が伝わるのにかかる最小時間を求めよ
  • $1 \le K \lt N \le 2 \times 10^5$

解法

答えを決め打つ二分探索。

国王から時刻0に情報を伝えられる都市を、初期都市と呼ぶことにする。

時間 $m$ を決め打って、$m$ 以内に全都市に行き渡らせるのが可能かどうかは、木DPをおこなうことで判定できる。

適当に根を1つ決め、根付き木としておく。

  • $DP[v]=$ 頂点 $v$ 以下の部分木について、適切に初期都市を決めた時の、以下のいずれか
    • 保留中の頂点のうち最も深いものが、頂点 $v$ から見て深さ○○の位置にある($v$ の深さを1とする)
      • 言い換えると、「このカウントが $m$ を超える前に、祖先に初期都市を置く必要がある」
    • 既に $v$ 以下に置いた初期都市によって、祖先のうち距離○○まではカバーできる

2つは表裏一体なので、例えば前者を正、後者を負でもっておけばよい。

保留中の頂点とは、「まだ部分木内には自身をカバーできる初期都市が無いが、祖先に初期都市を置けばカバーが間に合う頂点」とする。 基本的に、保留中の頂点をカバーできなくなる前ギリギリで初期都市を置いていくことになる。

わかりやすいように1本道グラフを考えると、葉は $DP[v]=1$ となり、親をたどる毎に $2,3,4,\ldots$ と増える。 $m$ になったらその次は初期都市とする。初期都市は $DP[v]=-m$ となる。

m=2
   根
   ○--●--○--○--○--○--●--○--○    ●:初期都市
DP -1  -2   2   1   0  -1  -2   2   1

複数の子を持つ場合、その統合は少し考える必要がある。

$v$ の子頂点の中で $DP$ の正の最大値 $a$ と負の最小値 $b$ を得る。

a+1 < -b のとき

    ⓥ:-2
  /|\     bの初期都市によって、他の子孫の保留中の頂点はすべてカバーできる
 -3  2  1
 |   |       DP[v] = b+1 となる
...  1
a = m のとき

    ⓥ:-3  m=3
  /|\     vを初期都市とする必要がある
 -2  3  1    
 |   |       DP[v] = -m となる
... ...
それ以外

    ⓥ:3     bの初期都市ではaの保留中の頂点に届かないため、
  /|\     aの方の制約を優先する必要がある
 -2  2  1    
 |   |       DP[v] = a+1 となる
...  1

全頂点のDPを埋めたとき、$DP[根]$ が正なら、初期都市をもう1つ置く必要がある。(たとえば根頂点に置けば問題なくカバーできる)

これが $m$ を決めたときの最小ギリギリの初期都市の置き方となり、$K$ を超えないかどうかで判定できる。

1回の判定に $O(N)$、全体で $O(N \log{N})$ で求められる。

Python3

F - Deque Game

問題

  • $K$ 個の数列が与えられる
  • AとBの2人でゲームを行う
  • ルール
    • 交互に、長さが2以上の数列を1つ選び、その先頭または末尾要素を削除する
    • 全ての数列の長さが1になったら終了
    • Aが先手
  • Aは最後に残る $K$ 個の要素の和を最大化、Bは最小化したいと考えている
  • 両者最適に行動するとき、最後に残る $K$ 個の要素の和を求めよ
  • $1 \le 全数列の長さ合計 \le 2 \times 10^5$
  • $1 \le A_{i,j} \le 10^9$

解法

ゲーム問題。

数列が1個のとき

数列が1個しかなく、長さが短い場合から考える。
ただしAが先手とは限らず、どちらから始める場合も考える。

長さ1のとき

操作の余地がない。その1項が答え。

長さ2のとき

先に操作した方が好きなのを残せる。

長さ3のとき

この辺からちょっとややこしくなって、

Aから手を着ける場合
         A手番後  B手番後
1 2 3  →  2 3  →  2
1 3 2  →  3 2  →  2
2 1 3  →  1 3  →  1

Bから手を着ける場合
         B手番後  A手番後
1 2 3  →  1 2  →  2
1 3 2  →  1 3  →  3
2 1 3  →  2 1  →  2

このように、先に手を着けた側が一番残したくないもの (Aにとっては最小値、Bにとっては最大値)が中央にある場合のみ、 それが残ってしまう。

その他の場合は、中央値が残る。

長さ4のとき

左端と右端のどちらを取り除いた方がよいかは、3個のときに帰着して両方調べれば確定する。
先手が得する方を選ぶ。

長さ5以上の奇数のとき

先手だった方が、残り3個になったときにも先手となる。

真ん中3つの要素が重要となる。結論から言うと、真ん中の3つから始めたときと結果は同じになる。

      v v v
... 9 3 5 7 9 ...

Aが先手の時、ちょっと欲張れば9とかに手が届きそうに見えるが、 BはAと逆方向をとり続けることで真ん中を3,5,7の状態に保ち続けることができ、9にはできない。

またBにとっては、ひょっとしたら3,5,7を中央に保つより、 中央をずらすことで残す値をもっと小さくできるかも知れない。 しかし、その場合はAが阻止できる。

          v v v
1 1 ... 1 3 5 7 1 ... 1 1

Bとしては1を残すべく、中央をずらしたいところである。
Aがたとえば左を取り、Bも同じ側を取ると、中央が5,7,1にずれる。
しかし、そしたらAは次からは右しか取らないことで、これ以上、中央がずれるのを阻止できる。

このようにずらして中央が 5 7 ? となった際にこの3数から残される値は、?の値によらず5以上となる。

もしAが右を取ったら、ずらされた中央 ? 3 5 から残される値は3以上なので、 Aとしては左を取るのが正解となり、このようにAが選ぶ以上、 Bも、最初の真ん中3つから残される値より小さい値を残すのは不可能となる。

AもBも、真ん中3つよりよい値を残したくても相手が阻止でき、その時に残る値は真ん中3つのみの時に残る値と一致する。

真ん中3数の大小関係の並びは複数あるが、調べれば、どのパターンもそうなる。

長さ6以上の偶数のとき

奇数個の場合 $O(1)$ で残る値が特定できるとわかったので、 偶数個の場合、先手は左右のどちらを取れば自分にとって望ましいかを2通りから選べる。

数列が複数個のとき

奇数長の数列は先に手を着けた方が不利。

奇数長の数列しか残っていない状況になると、 その時点での先手(奇数長の数列に手を付ける側)はその状況を覆せず、ずっと不利な状況のまま終わってしまう。

また、どちらがその可哀想な方になるかは、初期で偶数長の数列の個数によって決まっている。
偶数個ならA、奇数個ならBとなる。

偶数長の数列は先に手を着けた方が2通りから望む方を取れるので、率先して1回手をつけるべき。
よって、ゲームの流れは「偶数長の取り合い」→「奇数長の処理」となる。

どの偶数長の数列から手を付ければよいかは、利得の大きい方となる。

つまり、2通りの結果を $a,b$ として $\max(a,b)-\min(a,b)$ を計算する。 AもBもこの利得が大きい方から取っていくことになる。

Python3

programming_algorithm/contest_history/atcoder/2021/0328_arc116.txt · 最終更新: 2021/04/02 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0