ImageMagick

コマンドラインから画像に対し簡単な処理を行えるツール。

縮小、結合などの作業ごとにソフトを用意しておく必要が無く、バッチを用意しておけば一括で処理を行えるのがメリット。

ダウンロード

  1. http://www.imagemagick.org/script/download.phpから日本(Japan)のサイトを選択
  2. binariesを選択(Windows用)
  3. ImageMagick-(バージョン)-windows.zipをダウンロード

別にどこにインストールしてもいいと思うが、フォルダ構成は次の様にしておくと都合が良いと思う。

(任意のフォルダ)
  ∟ImageMagick
    ∟image
    ∟www
    ∟animate.exe
    ∟convert.exe
    ∟...
  ∟縮小用バッチ
  ∟回転用バッチ
  ∟...

バッチファイルメモ

画像ファイルをD&Dすればまとめて処理してくれる様に。

大体の処理の流れはこんな感じ。新しく、「(元のファイル名)_XXX.(元の拡張子)」というファイルが作成される。

@echo off
rem 引数が渡されなければ即終了
if "%~1" == "" ( exit /b )
echo ----------------------------------------
echo (処理の説明)
rem 現在ディレクトリをバッチのある場所に
cd /d %~dp0
rem 各引数について処理を実行
for %%A in ( %* ) do ^
ImageMagick\(実行ファイル名) (オプション) %%A "%%~dpnA_XXX%%~xA"
echo ----------------------------------------
echo 成功
pause

for文内で「%(変数名)」を使う時は、「%%(変数名)」と2個重ねる必要がある。
%Aはパス名文字列を示すが、パスに空白が含まれるなど“クオート”する必要があれば自動的にクオートされた文字列になり、必要がなければされてない文字列になる(ややこしい)。
%~dAはドライブ、%~pAはドライブ以下のパス、%~nAは拡張子を除いたファイル名、%~xAは拡張子に置換される。

縮小

@echo off
if "%~1" == "" ( exit /b )
echo ----------------------------------------
echo 縮小
cd /d %~dp0
for %%A in ( %* ) do ^
ImageMagick\convert.exe -geometry 864x648 %%A "%%~dpnA_small%%~xA"
echo ----------------------------------------
echo 成功
pause

回転

@echo off
if "%~1" == "" ( exit /b )
echo ----------------------------------------
echo 画像 180度回転
cd /d %~dp0
for %%A in ( %* ) do ^
ImageMagick\convert.exe -rotate 180 %%A "%%~dpnA_rotate%%~xA"
echo ----------------------------------------
echo 成功
pause

白を透過

@echo off
if "%~1" == "" ( exit /b )
echo ----------------------------------------
echo 白を透過
cd /d %~dp0
for %%A in ( %* ) do ^
ImageMagick\convert.exe -transparent white %%A "%%~dpnA_transparent.png"
echo ----------------------------------------
echo 成功
pause

本WebサイトはcookieをPHPのセッション識別および左欄目次の開閉状況記憶のために使用しています。同意できる方のみご覧ください。More information about cookies
software/imagemagick.txt · 最終更新: 2017/05/26 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0