ステレオミキサー

デスクトップで流れている音をそのまま再度入力にループバックする機能。

以下の場合などに使える。

  • マイク入力とゲーム音声をミックスして配信
  • 流れる音を無劣化で録音
  • 既存の音声ファイルからGoogleドキュメントで文字おこし(Googleドキュメントは無料で音声認識機能があるが、直接の入力しか受け付けてくれない)

設定方法

使用するサウンドドライバによって設定方法が異なる。対応してないドライバもある。

PCに始めから入っているサウンドドライバ

YAMAHA Steinberg

YAMAHA製のオーディオインターフェイスを使用し、そのドライバがインストールされていれば、 コントロールパネルの「すべてのコントロールパネル項目」に「YAMAHA Steinberg USB Driver」などがあるはず。

使用している機器のタブを選び、「Enable Loopback」にチェックを入れるとOK。

録音方法

PC側の音量は100(最大)がオリジナルであり、100未満にしていたら本来より小さい音で録音される。 なるべく元の音量で録音したいが、スピーカーだと近所迷惑なので、出力をヘッドホンなど大音量にしても問題ないものにするか、無効にする。

ノイズや想定外の音が入るのを予防するため、マイクなど、他の入力を繋ぎっぱなしにしている場合は無効にする。

録音ソフト

ボイスレコーダー

Windows10謹製。'Win'+'s'から検索して起動するのが速い。

画面はシンプルで、マイクボタンを押すか、キーボードの'R'で録音開始。停止すると、m4aで所定の場所に保存される。

機能的には必要最低限だが、簡単に呼び出して使える。

Reaper

DAWソフト。自分が使っているからというだけで、これでなくてもだいたいのDAWソフトなら入力を録音できる機能はあるはず。

空のプロジェクトを開き、新規トラックを1つ作り、トラックの録音受付(Record Arm/Disarm)ボタンをONにする。

音を流す準備ができたら、メインパネルにある録音開始(Record)ボタンを押すかCtrl+Rで録音が開始される。

利点としては、

  • 音量メーターが表示されるので、音が入ってるか、どれくらいの音量で入っているかを確認できる
  • 録音後、そのまま前後の空白部を切り取るなど、編集して保存できる
本WebサイトはcookieをPHPのセッション識別および左欄目次の開閉状況記憶のために使用しています。同意できる方のみご覧ください。More information about cookies
dtm/stereomix.txt · 最終更新: 2020/01/03 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0