Google Earth

バーチャル地球儀ソフト、というらしい。世界的な衛星写真を、ドラッグ&マウスホイールで直感的に移動&拡大縮小しながら見られる。

  • 基本的に解像度が高い
  • ストリートビューにも移行できるので、道路の様子を細かく見たいときなど地図より詳細にわかる部分もある
  • kmlを作成することでGPS軌跡などを地図上に描き、衛星写真と照らし合わせながら閲覧できる

デスクトップ版はProも無料で使えるようになり、特に測定ツールは地図上で大まかに距離を確認するのに便利。

設定

うにょ~んと移動するアレをなくす

Google Earthはデフォルトでは、離れた地点への移動を指定すると、アニメーションでなめらかに移動する。これはこれで、空撮のようでいろんな場所を眺めるには面白い。

だが、地点を確認する用途では時間がかかるだけなので、一瞬でジャンプできるようにする。

[ツール]→[オプション]→[ナビゲーション]タブ→[ジャンプ]→[ジャンプ速度]

[ジャンプ速度]を高速に目一杯することで、移動が瞬間になる。

ズーム時に自動で傾斜するのを無効にする

街区がわかるまで拡大していくと、デフォルトでは、次第に鳥瞰図のように、傾斜が付いた視点に移行する。常に真上からの視点に固定したい。

[ツール]→[オプション]→[ナビゲーション]タブ→[ナビゲーション]→[ズーム中の自動傾斜を無効にする]にチェック

これで傾斜が無効になる。

ただし、ストリートビューを使用してから元の視点に戻ると、設定に関わらず傾斜が付いた視点になってしまう。自動傾斜を有効にしているとズームアウトとともに真上からの視点に戻るが、無効にしていると手動で戻すしか無い。

キーボードショートカットが使えるので、北を上にし、真上から見下ろす視点にしたい場合は、U,Nを押下すればよい。

キーボード ショートカットを使って Google Earth を探索する - Google Earth ヘルプ

kml

Google Earthでは、点やライン、ポリゴンを地図上に描画でき、それを「kml」というファイルとして保存することもできる。

このkml、中身はxml形式のテキストファイルなので、別にGoogle Earth上で描画せずとも、他のツールでkmlを作成しGoogle Earthで開くこともできる。

なのでGPSデータなどをちょっとプログラム的に加工して、加工結果がどんなもんか確認するのに使える。

描画以外にももっといろいろできるらしいけど、詳しくないので省略。

本WebサイトはcookieをPHPのセッション識別および左欄目次の開閉状況記憶のために使用しています。同意できる方のみご覧ください。More information about cookies
software/google_earth.txt · 最終更新: 2017/09/07 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0