日本語用配列:DvorakJ

DvorakJP私家改造版

Dvorakを元にしたローマ字入力。

省入力と打鍵速度を考えつつ、細かな部分では法則性を持たせて覚えやすさを優先。

FIXME↑の画像は直接入力の流用。本当は記号の位置を微妙に変えている。「'」→「」(カギ括弧)、「_」と「~」の入れ替えなど。

概要

以下の説明のCなどと表示するキーは、特に断りのない限り当配列にとってのキーとする。(つまりCはQWERTY配列にとってのI

DvorakJPACTを元にする。パクった利用させていただいた特徴としては、

  • Cを子音Kの代わりとして使う
  • 子音に続けてHまたはNを入力するとYとして扱う
  • 子音に続けて特定のキーを押すと「あん」「あい」などの拡張母音が入力される
  • 左手側にある子音PYQJは、左右反転して続く母音を右手で入力する

以下の点を変更

  • 記号の配置を変更
  • 促音(っ)はローマ字記法通り同じ子音を続けて入力する
  • ↑の範囲内で拡張母音を規則的に配置
  • 2打目のYの代わりとするキーは、1打目の段に応じて変えずに、中段のHまたはN固定
  • 「ZY」は使わず「J」を使う
  • 子音に続けてを入力すると、特殊拡張(後述)
  • 中指と薬指の同時打鍵で括弧や引用符を出力(後述)
  • 日本語キーボード右下もShiftとして使える(不完全)

CをKとして使う

Kはローマ字記法でN、Tに次いでよく使われる子音らしいが、DvorakのKは左手人差し指下段にある。母音も左手にまとまっているので左が連続し、入力しづらい。

そこで、日本語では余り使わないにもかかわらず押しやすい位置にあるCをKの代わりとして使う。

Cを押すといったんそのままCを出力するが、続けて母音が入力されるとBackSpaceで戻り、改めてK+母音を出力する。

  • 2打目の母音を左右反転すれば左手の連続は解消するが、右手の母音はFZにあたる位置の拡張母音が押しにくいため、できれば少なくしたい。

拗音yの代替キー

ローマ字記法で「きゃ(kya)」「にゃ(nya)」など拗音の入力には普通「Y」を使う。だが、DvorakのYは左手上段内側にあり、頻繁に使うにしては遠い。

そこで、子音に続けて右手人差指Hまたは薬指Nを入力すると、「y」を出力するようにする。(拗音化する子音のみ)

ただし一部の子音は元の役割を果たすキーと被るため、どちらか片方のみ機能するようにしている。

  • CHN両方使える
  • H…「hh」で「っ」が出力されるようにするため、Nのみ使える
  • GBM…拡張母音のキーがHで被るので、Nのみ使える
  • TD…「てぃ」「でぃ」などの出力に「th」「dh」と入力するので、Nのみ使える
  • N…「nn」で「ん」が出力されるようにするため、Hのみ使える
  • RS…拡張母音のキーがNで被るので、Hのみ使える
  • P…左手側にあるので、左右反転してOが使える
  • Z…「ZY」は「J」で代用できるので、使わない(代わりに拡張母音に充てている)
(左手)Oを使う (右手)Hを使う (右手)Nを使う
小指薬指中指人差指伸ばす伸ばす人差指中指薬指小指伸ばす人差指中指薬指小指
P CR GC
O H NSDHTN
BM

母音拡張

子音に続けて特定のキーを打つことで、母音と一緒によく使われる文字を一度に入力できる。

小指薬指中指人差指伸ばす伸ばす人差指中指薬指小指備考
aいoうeいuうuい uくeきoく 左手で打つ子音は左右反転
aoeuiiく(y) (y)aく
aんoんeんuんiんyoうyuう

例えば「東京特許許可局」はToうCyoうTOCCHOCHOCACHoくとなる。

子音と場所が被る拡張母音

「『っ』は同じ子音を続けて打つ」という法則を保つため、拡張母音と子音が被る場所については拡張母音をずらす。

  • PぷくGぐくCけきRろく は、被るキーのみそれぞれ一つ下のキー
  • Sさく は、一つ左のN
  • BびょうMみゅう は、どちらも一つ上のH

拗音化しない子音

FJWVYZは、「yoう」「yuう」の代わりに以下の通りになる。

fjwvyz
b(x)ふぉーじょーうぉーう゛ぉー(なし)(なし)
m(k)ふゅーじゅー(なし)う゛ゅー(なし)(なし)

下段の拗音化しない子音

打ちやすさから、下段の子音の内、拗音化しないJWVZについては『き』『く』拡張を中段に下げる。

小指薬指中指人差指伸ばす伸ばす人差指中指薬指小指備考
aいoうeいuうuい
aoeuiiくuくeきoくaく
aんoんeんuんiんyoうyuう

特殊な子音

x

Xを1打目に打つと、小書き文字または子音無しの拡張母音。

小指薬指中指人差指伸ばす伸ばす人差指中指薬指小指
あいおうえいうううい うくえきおくあく
いく
あんおんえんうんいん

Xに限っては、続けて打っても「っ」は出力されずパターン通り「いん」となる。

また、厳密に言えば左手にある子音だが、母音の配置は左右反転させていない。

cw、gw

「くゎ」「ぐゎ」系の子音。明らかに使わない音もあるが、法則性を重視。

小指薬指中指人差指伸ばす伸ばす人差指中指薬指小指
くゎいくぉうくぇいくぅうくぅい
くゎくぉくぇくぅくぃくぃくくぅくくぇきくぉくくゎく
くゎんくぉんくぇんくぅんくぃん

ちなみに「くぁ」は、QAで出せる。

wm

「うぉ」系の子音。ローマ字通りでないが、隣り合ったキーという形で覚える。

小指薬指中指人差指伸ばす伸ばす人差指中指薬指小指
うぁいうぉううぇいうぅううぅい
うぁうぉうぇうぅうぃうぃくうぅくうぇきうぉくうぁく
うぁんうぉんうぇんうぅんうぃん

特殊拡張

子音に続けてを入力すると、特殊拡張の配列に移行。右手上段の子音は代わりに一つ上の/でも可。

小指薬指中指人差指伸ばす伸ばす人差指中指薬指小指備考
. 左手で打つ子音でも左右反転しない
aつoつeつuつiつ
.

例えば「元気溌剌」はGeんCIHaつR/aつとなる。

母音+「つ」部分は共通で、後のスペースは子音によって、その子音から始まりよく使われるフレーズを入れる。自由。

同時打鍵による括弧

小指薬指中指人差指伸ばす伸ばす人差指中指薬指小指
‘’ {}
“” ()
<> 「」

隣り合ったキーを同時に押すとそれぞれ括弧や引用符を入力。括弧を使わないなら、別のよく使うフレーズなり記号なりを出力するようにしておけば便利。

問題点

母音拡張とBackSpaceの組み合わせで意図しない入力が発生しがち

子音だけ入力した後でBackSpaceで消し、次に拡張母音に当てはまるキーを押すと、子音でなく拡張母音が入力される。

  • 例えばHを入力し、BackSpaceで消し、次にPを押下すると、pでなく拡張母音の「うう」が入力される。
  • 子音を間違えても、続けてAなど母音を入力し、拡張母音の待ち受け状態を解除する必要がある。

本来の右上のBackSpaceキーを使う場合は、DvorakJの設定から[単一キー]→[Enter]など→[BackSpace]→日本語入力時→「そのまま」ではなく「BackSpace」にすると、キー入力が途中で発生したと見なされこの現象は発生しない。

別のキーにBackSpaceを割り当て、それを使用した場合に発生する?

'ろ'をShiftとして使う場合、押しっぱなしで入力できない

2文字目以降はShiftでない文字が出力される。(最初の1文字のみ大文字になる)

  • 1文字目入力後、再度を押し直すと以降は押しっぱなしでOK。

IMEの一般的な設定では、最初の1文字を入力した時点で日本語入力モードから直接入力モードに切り替わり、その際にを押下していたという情報が失われてしまうため?

Kが遊んでいる

己のアイデンティティをCに完全に奪われたKは、左手の中ではかなり押しやすい位置にあるのに使い道がない。有効活用の手段は。

カスタマイズの余地

1打で「母音+ん」

「'」「Q」「J」「K」「X」の位置に、1打で「あん」「おん」「えん」「うん」「いん」を配置

  • 「Q」「K」はほぼ使わないので問題ない
  • 「'」はカギ括弧だが、最上段キーや同時打鍵拡張でも入力可能
  • 「J」は「ZY」で入力
  • 「X」の小書きは「L」で代用
  • 全角小文字「q」「j」「k」「x」が打ちにくくなる

以上の点が問題にならないなら、入力効率の向上が見込める。(ACTはこの仕様)

個人的にZの打鍵がすごく苦手なので、「じょう」「じゃく」などでJを使える配列にしたかった。

特殊拡張の『つ』拡張

「子音→→母音」で、「○つ」を出力する母音拡張は、削減できるのが1打のみ、が打ちづらい、TUを打つのはもともとそんなに苦にならない、などの理由から存在意義が薄い。無くしてもよい。

かといって2打で入力できるようにするには他の拡張母音と場所がかち合い、例外だらけの覚えにくい配列になる。

あああ

ああああ

設定ファイル

まだ特殊拡張は充実してない。

順にも同時にも打鍵する配列

/*
 * DvorakJP 私家改造版
 * http://www36.atpages.jp/~ikatakos/pot/doku.php/software/dvorakj/dvorakj_jpn
 *
 * ●ベース
 * DvorakJP
 * http://www7.plala.or.jp/dvorakjp/
 * ACT
 * http://www1.vecceed.ne.jp/~bemu/act/act_index.html
 */

-option-input[
    /* 上段 */
        {p} | -13
        {y} | -14

        {f} | -15
        {g} | -16
        {c} | -17
        {r} | -18
        {l} | -19
        {/} | -1A

    /* 中段 */
        {o} | -1F
        
        {d} | -23
        {h} | -24
        {t} | -25
        {n} | -26
        {s} | -27
        {-} | -28

    /* 下段 */
        {q} | -2D
        {j} | -2E
        {k} | -2F
        {x} | -30

        {b} | -31
        {m} | -32
        {w} | -33
        {v} | -34
        {z} | -35

    /* 3打目の拗音拡張と撥音拡張 */
        拗音拡張H右  | {c}{h}, {r}{h}, {n}{h}, {s}{h}
        拗音拡張N右  | {g}{n}, {c}{n}, {d}{n}, {t}{n}, {h}{n}, {b}{n}, {m}{n}

        拗音拡張右   | 拗音拡張H右, 拗音拡張N右
        拗音拡張左   | {p}{o}
]

/* =======================
 * 単打
 * ======================= */
[
&  |「|{|(|“|  |”|)|}|」|!|#|\ |
;  |、|。|p |y |f |g |c |r |l |・|@|
a   |o |e |u |i |d |h |t |n |s |ー|$|
「」|q |j |k |x |b |m |w |v |z |  |
]
-shift,+73[
|  |0|1|2|3|4|5|6|7|8|9|`|%|
:  |<|>|P |Y |F |G |C |R |L |?|^|
A   |O |E |U |I |D |H |T |N |S |~|_|
()|Q |J |K |X |B |M |W |V |Z |  |
]

/* =======================
 * これ以上yの付かない子音
 * ======================= */
拗音拡張右 [
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
aい|oう|eい|uう|uい|   |uく|eき|oく|   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |aく|   |  |
aん|oん|eん|uん|iん|   |   |   |   |   |   |
]

拗音拡張左 [
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
   |oく|eき|uく|   |uい|uう|eい|oう|aい|   |  |
aく|   |   |   |   |i  |u  |e  |o  |a  |   |  |
   |   |   |   |   |iん|uん|eん|oん|aん|   |
]

{y} [
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
   |oく|eき|uく|   |uい|uう|eい|oう|aい|   |  |
aく|   |   |   |iく|i  |u  |e  |o  |a  |   |  |
   |   |   |   |   |iん|uん|eん|oん|aん|   |
]

{f}[
   |   |   |   |   |   |     |   |   |   |
aい|oう|eい|uう|uい|   |uく  |eき|oく|   |  |  |
   |   |   |   |   |iく|     |   |   |aく|  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|oー|uゅー|   |   |   |  |
]
/* IMEによって、qaは「qあ」となることがある */
{q}[

          |          |          |          |          |{BS}くぅい|{BS}くぅう|{BS}くぇい|{BS}くぉう|{BS}くぁい|  |  |
{BS}くぁく|{BS}くぉく|{BS}くぇき|{BS}くぅく|{BS}くぃき|{BS}くぃ  |{BS}くぅ  |{BS}くぇ  |{BS}くぉ  |{BS}くぁ  |  |  |
          |          |          |          |          |{BS}くぃん|{BS}くぅん|{BS}くぇん|{BS}くぉん|{BS}くぁん|  |
]

{j}[
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
   |   |   |   |   |uい|uう|eい|oう|aい|  |  |
aく|oく|eき|uく|iく|i  |u  |e  |o  |a  |  |
   |   |   |uー|oー|iん|uん|eん|oん|aん|  |
]

{x}[

{BS}あい|{BS}おう|{BS}えい|{BS}うう|{BS}うい|        |{BS}うく|{BS}えき|{BS}おく|{BS}あく|  |  |
        |        |        |        |        |{BS}いく|yu      |tu      |yo      |ya      |  |  |
{BS}あん|{BS}おん|{BS}えん|{BS}うん|{BS}いん|        |        |wa      |        |        |  |
]

{w}[

aい|oう|eい|uう|uい|     |   |   |   |   |  |  |
   |   |   |   |   |iく  |uく|eき|oく|aく|  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|uぉー|   |   |   |   |  |
]

{v}[

aい|oう|eい|uう|uい|   |     |   |   |   |  |  |
   |   |   |   |   |iく|uく  |eき|oく|aく|  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|oー|uゅー|   |   |   |  |
]

/* =======================
 * yの付きうる子音
 * ======================= */
{p}[
    |    |    |    |    |   |   |   |    |    |
    |oく |eき |    |    |uい|uう|eい|oう |aい |  |  |
aく |y   |    |uく |iく |i  |u  |e  |o   |a   |  |  |
    |    |    |yuう|yoう|iん|uん|eん|oん |aん |  |
]

{g}[
   |   |   |   |   |    |    |    |    |    |
aい|oう|eい|uう|uい|    |    |eき |oく |    |  |  |
   |   |   |   |   |iく |uく |    |y   |aく |  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|yoう|yuう|    |    |    |  |
]

{c}[
        |        |        |        |        |          |          |        |        |        |
{BS}かい|{BS}こう|{BS}けい|{BS}くう|{BS}くい|          |{BS}くく  |        |{BS}こく|        |  |  |
{BS}か  |{BS}こ  |{BS}け  |{BS}く  |{BS}き  |{BS}きく  |{BS}ky    |{BS}けき|{BS}ky  |{BS}かく|  |  |
{BS}かん|{BS}こん|{BS}けん|{BS}くん|{BS}きん|{BS}きょう|{BS}きゅう|        |        |        |  |
]

{r}[
   |   |   |   |   |    |    |    |    |    |
aい|oう|eい|uう|uい|    |uく |eき |    |    |  |  |
   |   |   |   |   |iく |y   |    |oく |aく |  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|yoう|yuう|    |    |    |  |
]

{d}[
   |   |   |   |   |    |    |    |    |    |
aい|oう|eい|uう|uい|iく |uく |eき |oく |    |  |  |
   |   |   |   |   |    |    |    |y   |aく |  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|yoう|yuう|    |    |    |  |
]

{h}[
   |   |   |   |   |    |    |    |    |    |
aい|oう|eい|uう|uい|    |uく |eき |oく |    |  |  |
   |   |   |   |   |iく |    |    |y   |aく |  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|yoう|yuう|    |    |    |  |
]

{t}[
   |   |   |   |   |    |    |    |    |    |
aい|oう|eい|uう|uい|    |uく |eき |oく |    |    |  |
   |   |   |   |   |iく |    |    |y   |aく |    |  |
aん|oん|eん|uん|iん|yoう|yuう|    |    |    |    |
]

/* 右手薬指にnを入れておかないと、「ん+ハ行」を「nnh」と入力した時にnnyとなる */
{n}[
   |   |   |   |   |    |    |    |    |    |
aい|oう|eい|uう|uい|    |uく |eき |oく |    |  |  |
   |   |   |   |   |iく |y   |    |n   |aく |  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|yoう|yuう|    |    |    |  |
]

{s}[
   |   |   |   |   |    |    |    |    |    |
aい|oう|eい|uう|uい|    |uく |eき |oく |    |  |  |
   |   |   |   |   |iく |y   |    |aく |    |  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|yoう|yuう|    |    |    |  |
]

{b}[
   |   |   |   |   |    |    |    |    |    |
aい|oう|eい|uう|uい|    |uく |eき |oく |    |  |  |
   |   |   |   |   |iく |yoう|    |y   |aく |  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|    |yuう|    |    |    |  |
]

{m}[
   |   |   |   |   |    |    |    |    |    |
aい|oう|eい|uう|uい|    |uく |eき |oく |    |  |  |
   |   |   |   |   |iく |yuう|    |y   |aく |  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|yoう|    |    |    |    |  |
]

{z}[
   |   |   |   |   |    |    |    |    |    |
aい|oう|eい|uう|uい|    |    |    |    |    |  |  |
   |   |   |   |   |iく |uく |eき |oく |aく |  |  |
aん|oん|eん|uん|iん|    |    |    |    |    |  |
]

/* =======================
 * 特別な子音の組み合わせ
 * ======================= */
{c}{w}[

{BS}くゎい|{BS}くぉう|{BS}くぇい|{BS}くぅう|{BS}くぅい|          |          |          |          |          |
{BS}くゎ  |{BS}くぉ  |{BS}くぇ  |{BS}くぅ  |{BS}くぃ  |{BS}くぃく|{BS}くぅく|{BS}くぇき|{BS}くぉく|{BS}くゎく|
{BS}くゎん|{BS}くぉん|{BS}くぇん|{BS}くぅん|{BS}くぃん|          |          |          |          |          |
]

{g}{w}[

uゎい|uぉう|uぇい|uぅう|uぅい|     |     |     |     |     |  |  |
uゎ  |uぉ  |uぇ  |uぅ  |uぃ  |uぃく|uぅく|uぇき|uぉく|uゎく|  |  |
uゎん|uぉん|uぇん|uぅん|uぃん|     |     |     |     |     |  |
]

{w}{m}[

uぁい|uぉう|eい|uぅう|uぅい|   |     |   |     |     |  |  |
uぁ  |uぉ  |e  |uぅ  |i    |iく|uぅく|eき|uぉく|uぁく|  |  |
uぁん|uぉん|eん|uぅん|iん  |   |     |   |     |     |  |
]

/* =======================
 * 特殊拡張
 * ======================= */
{p}{-}[

   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
]
{y}{-}[

aはり|oって|   |   |oり|   |   |   |oろしく|   |  |
aつ  |oつ  |eつ|uつ|iつ|   |   |   |       |   |  |
     |     |   |   |   |   |   |   |       |   |
]
{f}{-},{f}{/}[

   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
]
{g}{-},{g}{/}[

   |oと  |   |   |   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ  |eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |oとく|   |   |   |   |   |   |   |   |
]
{c}{-},{c}{/}[

{BS}から    |{BS}こと|        |        |        |   |   |   |   |   |  |
{BS}かつ    |{BS}こつ|{BS}けつ|{BS}くつ|{BS}きつ|   |   |   |   |   |  |
{BS}かんがえ|        |        |        |        |   |   |   |   |   |
]
{r}{-},{r}{/}[

   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
]
{d}{-}[

   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
]
{h}{-}[

   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
]
{t}{-}[

   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
]
{n}{-}[

   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
]
{s}{-}[

   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
]
{j}{-}[

   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
]
{x}{-}[

        |        |        |        |        |   |   |   |   |   |  |
{BS}あつ|{BS}おつ|{BS}えつ|{BS}うつ|{BS}いつ|   |   |   |   |   |  |
        |        |        |        |        |   |   |   |   |   |
]
{b}{-}[

aら|   |   |   |aあい|   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ  |   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |     |   |   |   |   |   |
]
{m}{-}[

   |   |     |   |     |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ  |uつ|iつ  |   |   |   |   |   |  |
   |   |aせん|aす|aした|   |   |   |   |   |
]
{w}{-}[

   |   |   |   |   |   |   |     |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |aたし|   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |     |   |   |
]
{v}{-}[

   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
]
{z}{-}[

   |   |   |aる|   |   |   |   |   |   |  |
aつ|oつ|eつ|uつ|iつ|   |   |   |   |   |  |
   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
]


/* 同時打鍵拡張 */
(-12[

  |‘’{←}
]

(-20[


  |“”{←}
]

(-2E[



  |<>{←}
]

(-18[

| | | | | | |{}{←}
]

(-26[


| | | | | | |(){←}
]

(-34[



| | | | | | |「」{←}
]

本WebサイトはcookieをPHPのセッション識別および左欄目次の開閉状況記憶のために使用しています。同意できる方のみご覧ください。More information about cookies
software/dvorakj/dvorakj_jpn.txt · 最終更新: 2017/05/26 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0