差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
programming:web_development:server:google_compute_engine [2019/03/17]
ikatakos [Google Compute Engine]
programming:web_development:server:google_compute_engine [2019/03/17] (現在)
ikatakos [ドメインとSSL証明書]
ライン 16: ライン 16:
 </​WRAP>​ </​WRAP>​
  
-これを無料サーバとして運用してみる。+これをレンタルサーバとして運用してみる。
  
 =====雑感===== =====雑感=====
ライン 34: ライン 34:
  
 <​del>​一昔前はサーバに要求する水準が低かったので(個人サイトにPHPとか必要なかったし)無料サーバでも十分だった印象があるんだけど、最近は無料でもそれなりの機能が要求され、情報保護も叫ばれるためこまめな管理も必要になり、広告代で賄うにも単価が下がり、利益を出すのがなかなか難しいんじゃないかという勝手な想像。</​del>​ <​del>​一昔前はサーバに要求する水準が低かったので(個人サイトにPHPとか必要なかったし)無料サーバでも十分だった印象があるんだけど、最近は無料でもそれなりの機能が要求され、情報保護も叫ばれるためこまめな管理も必要になり、広告代で賄うにも単価が下がり、利益を出すのがなかなか難しいんじゃないかという勝手な想像。</​del>​
 +
 ====金額==== ====金額====
-レンタルサーバも十分に安いが、無料というのは大きい。ただし、使うためにはクレジットカードの登録は必要。+レンタルサーバも十分に安いが、インスタンスが無料というのは大きい。ただし、使うためにはクレジットカードの登録は必要。
  
 無料である一方で、無料分を超えた金額は決して安くは無いので、管理や情報収集を怠ると、いつの間にか無料の制限が変わって課金が発生していたとか、脆弱性を突かれて意図せず踏み台に使われ通信量が数百GBに及んでいたとか、そういう上限の無いリスクはある。 無料である一方で、無料分を超えた金額は決して安くは無いので、管理や情報収集を怠ると、いつの間にか無料の制限が変わって課金が発生していたとか、脆弱性を突かれて意図せず踏み台に使われ通信量が数百GBに及んでいたとか、そういう上限の無いリスクはある。
  
 月の課金額が設定した目安に近づいたとき、メールで知らせてくれるサービスもあるので、利用しておくと少しは安心。 月の課金額が設定した目安に近づいたとき、メールで知らせてくれるサービスもあるので、利用しておくと少しは安心。
 +
 +普通にWebサイトの公開運用していると、アクセスの少ないサイトでもネットワーク通信(下り)代として数十円/​月の課金は発生するので、完全に無料というわけでは無い。
 +画像を多用したサイトでそこそこアクセス数があったら、下手したら格安レンタルより高くなるかも?
  
 ====自由度==== ====自由度====
ライン 51: ライン 55:
 ====速度==== ====速度====
 ===マシンスペック=== ===マシンスペック===
-無料枠で選べるf1-microは、メモリ600MB、0.2vCPUと、お世辞にも良いとは言えないスペック。(もちろん、それでも無料で使えるというのは有難いこと)+無料枠で選べるf1-microは、メモリ600MB、0.2vCPUと、お世辞にも良いとは言えないスペック。
  
-プログラムのビルドなど、重い処理させたらすぐに遅くるし、メモリ食つぶすとスワップの連続でマシンごと止まってしまう+プログラムのビルドなどがっつり計算させる用途ではない。
  
 とはいえ、WebサーバとしてDokuwikiくらいのPHPを処理させるのであれば全然問題ない。万一アクセス集中があると怖いので、別に一時的に繋がらなくなっても平気な個人サイトなら、Apacheで同時接続数制限をかけておくと安心。 とはいえ、WebサーバとしてDokuwikiくらいのPHPを処理させるのであれば全然問題ない。万一アクセス集中があると怖いので、別に一時的に繋がらなくなっても平気な個人サイトなら、Apacheで同時接続数制限をかけておくと安心。
 +
 +また、Linuxのupgradeの際なんか、たまに Cannot allocate memory が発生するので、その際は一時停止してマシンタイプをg1-smallなど1つ上のものにしてから行う。
  
 ===サーバの立地=== ===サーバの立地===
ライン 68: ライン 74:
  
 ===ドメイン=== ===ドメイン===
-「%%http://​__○○.jp__/​koko/​soko/​asoko.html%%」の下線部分がドメイン。GCEからは、ドメインではなく「xxx.xxx.xxx.xxx」という4つの数字で表される"​外部IPアドレス"​しか得ることはできない。+「%%http://​%%__○○.jp__%%/​koko/​soko/​asoko.html%%」の下線部分がドメイン。GCEからは、ドメインではなく「xxx.xxx.xxx.xxx」という4つの数字で表される"​外部IPアドレス"​しか得ることはできない。
  
 サーバがネットワーク上の「土地」なら、IPアドレスやドメインは「土地の場所を指し示す」もの。その中で、数字だけで表されるIPアドレスは「緯度経度」といったところか。一応場所は特定できるのだが、人間にはわかりづらい。そこで、日本国、東京、○○区、と名前を付けたのがドメインであり、「住所」に相当する。 サーバがネットワーク上の「土地」なら、IPアドレスやドメインは「土地の場所を指し示す」もの。その中で、数字だけで表されるIPアドレスは「緯度経度」といったところか。一応場所は特定できるのだが、人間にはわかりづらい。そこで、日本国、東京、○○区、と名前を付けたのがドメインであり、「住所」に相当する。
ライン 89: ライン 95:
 Apacheにも仮の証明書は付属しているが、それ使ってると最近のブラウザでは「ちゃんとした証明書じゃないよ」と警告が出る。大半のユーザは細かいことわかんないので、警告が出たってことだけで危ないサイトだと思われてしまう。それは避けたいし、警告出すくらいならそもそもSSL使わない方がよい。 Apacheにも仮の証明書は付属しているが、それ使ってると最近のブラウザでは「ちゃんとした証明書じゃないよ」と警告が出る。大半のユーザは細かいことわかんないので、警告が出たってことだけで危ないサイトだと思われてしまう。それは避けたいし、警告出すくらいならそもそもSSL使わない方がよい。
  
-なので結局、GCE自体は無料とは言え、Webサーバとして運用するならドメイン(と任意でSSL証明書)は自前で必要になる。ドメインは月額換算¥100くらいか。+なので結局、GCE自体は無料とは言え、Webサーバとして運用するならドメイン(と任意でSSL証明書)は自前で必要になる。ドメインは.comなら月額換算¥100くらいか。.jpは信頼性が高い分価格も高くて¥3000~4000くらい
  
 レンタルサーバでは、共有ではあるがこの辺が付いてくるのが強い。 レンタルサーバでは、共有ではあるがこの辺が付いてくるのが強い。
programming/web_development/server/google_compute_engine.1552835382.txt.gz · 最終更新: 2019/03/17 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0