ポートフォワード - VirtualBox

起動中のゲストPCに、ホストPCからはアクセスできるが、他のPCやスマホなどからは通常アクセスできない。

だが、スマホ向けサイトをゲスト上で作っていて、実機から見え方をテストしたいときなど、アクセスできると便利。

その場合、スマホ→ホストPC→(自動転送)→ゲストPCとなるように設定する。自動転送はあらかじめ設定されたポートへのアクセスに対してのみ行われ、これをポートフォワードという。

以下の3通りの方法がある。

  • Windowsの設定からおこなう
    • CUI(コマンドプロンプト)からの操作が必要
    • でも割と簡単
  • VirtualBoxの設定からおこなう
    • GUIでの設定が可能
  • Vagrantを使っている場合
    • VagrantFileの設定で行う

前提

  • ホストPCに、接続機器から特定できるIPアドレス(LAN内ならローカルIP、外部ならグローバルIP)が振られている
  • ゲストPCに、ホストPCから特定できるIPアドレスが振られている

Windowsの設定から行う

ポートフォワードを参照。設定に以下を用いる。

  • listenport: ホストPCの待受ポート
  • connectaddress: ゲストPCのIPアドレス
  • connectport: ゲストPCの待受ポート

VirtualBoxの設定から行う

  • VirtualBox マネージャから、目的のインスタンスの設定を開く
  • [ネットワーク]を開く
  • 割り当てが「NAT」となっているアダプターを見つけ、[高度]から詳細設定を開く
  • [ポートフォワーディング]をクリック。「ポートフォワーディング ルール」ダイアログが出現
  • 右上の「+」から新規設定を追加
    • 「名前」を適当に設定
    • 「ホストポート」にホストPCで待ち受けるポート
    • 「ゲストポート」に仮想PCで待ち受けるポート
  • [OK]→[OK]で設定が反映される

VagrantFileの設定から行う

VagrantFileに以下を追記して、立ち上げ直す。

config.vm.network :forwarded_port, host: 3000, guest: 3000

これで

スマホなどの接続機器から「(ホストPCのIPアドレス):(ホストポート)」(例: 192.168.11.22:8080)にアクセスすると、ゲストPCのゲストポートに転送される。

software/virtual_box/portforward.txt · 最終更新: 2018/06/01 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0