改ページ

次ページの先頭行に1行残る

発生状況がよくわかってないのだが、とりあえず以下の状況で発生を確認。

  • Word2007以降(.docx)で編集したファイルを、Word2003(.doc)形式で保存
  • 「改ページし、次のページの先頭に見出しスタイルを設定している」部分で、勝手に1行が挿入されている
  • 改行を削除すると、見出しのスタイルが解除され標準スタイルに戻ってしまう
    • 再度スタイルを設定すると、「2.1.」などの自動で連番が振られる部分が適用されなくなっている

つまり、こうなる

│ ...              │
│ ...              │
│ ---改ページ---   │
└─────────┘
┌─────────┐
│(改行)            │
│2. 見出し         │
│ ...              │

不要な改行が見出しの前に現れる。

  • 改行にカーソルを合わせ[Delete]すると、「2.見出し」のスタイルが解除され標準に戻ってしまう
  • [BackSpace]では改ページが削除され、見出しが前のページに戻ってしまう
  • 改行の置換で無理矢理消すと、見出しの「2.」の部分が消えてしまう

これは、改ページの特性によるものらしい。改ページとは、段落を改めるのではなく、文章の途中で段落を区切り、強制的に次のページに送るもの?

どういうことかというと、

         ↓ここで改ページすると
[前の段落|] [次の段落]

[前の段落   ] [次の段落]
          ↑ここでページが分かれる

そのため、前の段落の最後の改行が、次のページに含まれてしまうことがわかる。

「2. 見出し」の先頭にカーソルを持って行き改ページすると、ひとまず上手くいっているように見えることもある。

            ↓ここで改ページ
[前の段落] [|次の段落]

[前の段落][   次の段落]
            ↑ここでページが分かれる

しかしこれも、次の段落の先頭が前のページの末尾に含まれてしまうことになるので、例えば見出しに背景を設定していた場合など、背景の一部が前のページに残ってしまうことがある。

最もスマートなのは、改ページでなく、段落の設定を行うこと。

改ページ後の1行目にしたい段落(2.見出し)を選択し、[ホーム]リボン[段落]の右下から、[段落]ウィンドウを開く。
[改ページと改行]タブの、「段落前で改ページする」にチェックを入れ、[OK]

そうすると、意図通り段落の境目で分かれる。

[前の段落]  [次の段落]
          ↑ここでページが分かれる

また、これはスタイルに設定が記録されるので、たとえば必ず改ページしたい見出しがある場合は、見出しに「段落前で改ページする」を設定してスタイルを保存すれば、同じスタイルの見出しは必ずその前で改ページされるようになる。

ただし、これでも、「自動連番が消えてしまう」は解消されないことがある。解消されることもある。文書上では表示されていても見出しマップ上では消えてしまうこともある。よくわかんない。

また、見出しに設定した行には、そのことを示す黒丸が文章の左端に表示されるが、それが前のページの末尾に移ってしまう。これも再現性はまちまち。

見かけ上の問題なので、実質的な問題があるかはまだわからない。相変わらずMS Officeは謎が多い。

というか、未だに.docを抜け出せない組織ってどうかしてると思う。

このウェブサイトはクッキーを使用しています。 Webサイトを使用することで、あなたはあなたのコンピュータにクッキーを保存することに同意します。 また、あなたはあなたが私たちのプライバシーポリシーを読んで理解したことを認めます。 同意しない場合はウェブサイトを離れてください。クッキーに関する詳細情報
software/microsoft_office/word/new_page.txt · 最終更新: 2017/05/26 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0