新規作成時にマイテンプレートを使う - Microsoft Office

Windowsを想定。

Microsoft Officeでは、フォント、サイズ、配色、図形などいろいろ「規定の設定」を変更できるところがある。

今の設定を保存して、いつでも新規作成した時に今の状態が規定になってほしい、と思った時にそれを実現する方法。


ひとくちに「新規作成」と言っても2通りあり、別々に設定する必要がある。

  • 例: エクセル
    1. エクセルを(ファイル指定無しで)起動した際の初期状態、またはエクセルから「新規作成」で開いた初期状態
    2. エクスプローラ上で右クリック「新規作成」→「Microsoft Office Excel ワークシート」で作成したファイル

PowerPointなども同様。

起動時の初期状態

まず、空のファイル上で、フォントや配色テーマなどを自分好みに設定する。

終わったら、今の状態をテンプレートとして保存する。例えばPowerPointなら、[名前を付けて保存]→[PowerPointテンプレート (*.potx)] を選択する。

保存場所は、特に変なことしてなければテンプレートの保存を選んだ時点で「C:\Users\(USER_NAME)\AppData\Roaming\Microsoft\Templates\」が指定されると思うので、そこに保存する。

保存する名前を、「blank.(各アプリのテンプレート用拡張子)」とする。例えばPowerPointなら「blank.potx」とする。既に存在した場合は、念のため既存の方を「blank.potx.bak」などと名前を変えてバックアップしておく。

これで、次以降の新規作成では、blank.potxが適用された状態で新規ファイルが作られる。

エクスプローラ上の新規作成で作られるファイル

まず、空のファイル上で、フォントや配色テーマなどを自分好みに設定し、それを普通のファイル(PowerPointなら.pptx)として保存する。名前は自由。

このファイルをある場所に配置する。実はエクスプローラ上の右クリックから新規作成で作られるファイルは、ある場所に存在するファイルのコピーである。

その場所とは、レジストリの以下の場所に登録されている

  • Excel
    • HKEY_CLASSES_ROOT\.xlsx\Excel.Sheet.12\ShellNew\FileName
  • PowerPoint
    • HKEY_CLASSES_ROOT\.pptx\PowerPoint.Show.12\ShellNew\FileName

場合によっては相対パスが登録されているかも知れない。その場合、一般的には「C:\Windows\ShellNew\」以下にある。

そのレジストリキーが示すファイルの場所に、先ほどのファイルを配置する。とりあえず既存のものは「○○.OLD」などとバックアップを取っておく。

C:\Windows\ShellNew\ の場合、ファイルのコピーや名称変更に管理者権限が必要になる。

これで、次にエクスプローラから新規作成を行った時、自分好みに設定後のファイルが作成されるようになる。

このウェブサイトはクッキーを使用しています。 Webサイトを使用することで、あなたはあなたのコンピュータにクッキーを保存することに同意します。 また、あなたはあなたが私たちのプライバシーポリシーを読んで理解したことを認めます。 同意しない場合はウェブサイトを離れてください。クッキーに関する詳細情報
software/microsoft_office/whole/template.txt · 最終更新: 2018/10/15 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0