Action disabled: source
[[simplekml]]

simplekml

KMLについて

Google EarthはGoogle Mapsのアプリ版みたいなもので、地図上にマーカーを置いたりラインを引いたりできる。どこに何を描画するかは、KMLという書式で指定する。

Google Earthは無償で利用できる上、数千件のデータを配置しても描画が高速。かなりの倍率までズームできるため、全体の概観から詳細の確認までできて便利。

simplekmlについて

simplekmlは、Pythonで簡単なKMLを作成するパッケージ。

とりあえず点や線を描いたりスタイルを変えるのは、これを使えば簡単にできる。

それ以上のことは、そもそもKMLでどこまでのことが出来るのか自体をイマイチ知らないんだけど、ドキュメントを見る限りいろんなことが出来る模様。

とりあえず

simplekmlを使って、List内の緯度経度座標をプロットするクラスを作ってみた。

  • 何を描画するの
    • 連続した緯度経度データ
  • どういう風に描画するの
    • 個々の点をマーカーで描画
    • さらにそれらを順番に繋いだ線を描画
    • 各マーカーの横に簡単な説明を添えることも可
  • 使い方
    • コードの最後に

import simplekml


class PlotKml:
    # スタイルは適当に、simplekmlやKMLのドキュメントを見つつ好みに変更する
    # マーカーのスタイル1
    STYLE_I = simplekml.Style()
    STYLE_I.iconstyle.icon.href = 'http://maps.google.com/mapfiles/kml/shapes/placemark_circle_highlight.png'
    STYLE_I.labelstyle.scale = 0.66
    STYLE_I.labelstyle.color = 'aaffffff'
    # マーカーのスタイル2
    STYLE_H = simplekml.Style()
    STYLE_H.iconstyle.icon.href = 'http://maps.google.com/mapfiles/kml/shapes/placemark_circle.png'
    STYLE_H.labelstyle.scale = 0.66
    STYLE_H.labelstyle.color = 'aaffffff'
    # ラインのスタイル
    STYLE_LS = simplekml.Style()
    STYLE_LS.linestyle.width = 3


    def __init__(self):
        self.kml = simplekml.Kml()

    def new(self):
        self.kml = simplekml.Kml()

    def draw_dots(self, lnglats, descriptions, style=None, linestring=True):
        """
        :param lnglats: [[lng, lat], [lng, lat], [], ...]
        :param descriptions: <name>属性に出力するタグ
        :param style: simplekml.Style のインスタンスまたはそのリスト
        :param linestring: 線が不要ならFalse
        """
        # descriptionsは、lnglatsと同じ要素数の文字列のリストで与える。
        #   対応する順番の文字列が、自動的に連番prefixを付与され、マーカーの横に添えられる
        # styleは、Noneなら全てデフォルト
        #   simplekml.Styleの(単独の)インスタンスの場合は全てそのスタイルに
        #   リストの場合はlnglatsと同じ要素数にする。対応する順番のマーカーがそのスタイルになる

        if descriptions is None:
            descriptions = [''] * len(lnglats)
        else:
            assert len(lnglats) == len(descriptions)

        if style is None:
            style = [self.STYLE_I] * len(lnglats)
        elif type(style) == simplekml.Style:
            style = [style] * len(lnglats)
        elif type(style) == list:
            assert len(lnglats) == len(style)

        for idx, (lnglat, description) in enumerate(zip(lnglats, descriptions)):
            pnt = self.kml.newpoint(name=str(idx) + ' ' + description, coords=[lnglat])
            pnt.style = style[idx]

        if linestring:
            ls = self.kml.newlinestring(name='LineString', coords=lnglats)
            ls.style = self.STYLE_LS

    def save(self, path):
        self.kml.save(path)

# --使い方--
pk = PlotKml()
pk.draw_dots([[135.26, 34.32], [135.23, 34.29], ...],  # lnglats
             ['2018/01/21', '2018/01/22', ...])        # descriptions
pk.save('out.kml')

pk.new()  # リセット(これをしないと前のが残る。敢えて残すことも可)
pk.draw_dots([[-112.35, 42.89], ...], style=PlotKml.STYLE_H)
pk.save('out2.kml')

Tips

Styleは使い回す

Styleは、Pointのアイコンやサイズ・LineStringやPolygonの太さや色・ラベルの色などを規定するものである。

適用するには、kml.newpoint(), kml.newlinestring() などで作成した返値を受け取り、そのオブジェクトに指定するのだが、 この時、以下の2通りの方法がある。

  • その場で色、太さなどを個別に指定する方法
  • あらかじめStyleオブジェクトを定義しておき、それを与える方法

同じStyleを適用する地物をいくつも量産するのであれば、後者の方がよい。前者だと、地物毎に新しいStyleが定義され、KMLのサイズが肥大化する。

kml = simplekml.Kml()

# その場で定義
pnt = kml.newpoint(name='test1', coords=[[0, 0]])
pnt.style.iconstyle.icon.href = 'http://icon/img/url.png'  # アイコン画像
pnt.style.labelstyle.color = simplekml.Color.blue  # ラベル文字色

# 最初に定義してから与える
style = simplekml.Style()
style.iconstyle.icon.href = 'http://icon/img/url.png'  # アイコン画像
style.labelstyle.color = simplekml.Color.blue  # ラベル文字色

pnt = kml.newpoint(name='test2', coords=[[0, 0]])
pnt.style = style

LineStringにラベルを表示

通常、KMLではLineStringにラベルは表示されないが、<gx:labelVisibility>1</gx:labelVisibility> をLineのStyleに記述することで、そのname属性が表示されるようになる。

これをsimpleKmlから利用するには、LineStyleに gxlabelvisibility = 1 を指定すればよい。

ホバー(マウスオーバー)によってスタイルを変える

生KMLの記載方法は上記サイトまたはKML参照。

要は、通常用とホバー時用、2個のStyleを定義して、それらを囲った「StyleMap」を定義し、それぞれのStyleに「normal」「highlight」というキーを与える。 このStyleMapのIDを、各Point, Lineなどに適用するスタイルとして与えてやればよい。

これは、simpleKmlでは以下のようにできる。

# ホバーによって太さと色が変わるLineString

STYLE_NORMAL = simplekml.Style()
STYLE_NORMAL.linestyle.width = 3
STYLE_NORMAL.linestyle.color = simplekml.Color.white
STYLE_HIGHLIGHT = simplekml.Style()
STYLE_HIGHLIGHT.linestyle.width = 5
STYLE_HIGHLIGHT.linestyle.color = simplekml.Color.red
STYLE_MAP = simplekml.StyleMap(normalstyle=STYLE_NORMAL, highlightstyle=STYLE_HIGHLIGHT)

kml = simplekml.Kml()
ls = kml.newlinestring(name='test', coords=[[0, 0], [1, 1]])
ls.stylemap = STYLE_MAP

kml.save('test.kml')

ファイルサイズを抑える

保存時、save() でなく savekmz() を使用すると、kmlをzip圧縮した規格であるkmzファイルが生成され、容量の節約になる。

クリックで開くバルーンを仕込む

Point, LineString, Polygonなどについて、クリックすると開いてより詳細な情報を表示するバルーンを設定できる。

なんか方法が3つほどあるらしい。「ExtendedData」を使うのが簡単。「Scheme」を使うと決まった型を定義できてデータ的に扱いやすい?らしい。

ここではExtendedDataの方法を扱う。KMLを記述する方法とその結果は、上記のリンク先参照。

simplekmlでは以下のように記述すれば出来る。name で項目名(str限定)、value で任意の値を埋め込める。

# LineStringをクリックすると3つほどの要素を表示させる

kml = simplekml.Kml()
ls = kml.newlinestring(name='test', coords=[[0, 0], [1, 1]])

ex_data = simplekml.ExtendedData()
ex_data.newdata(name='item1', value=3.14)
ex_data.newdata(name='item2', value='ITEM2')
ex_data.newdata(name='item3', value=[0, 1, 2])
ls.extendeddata = ex_data

kml.save('test.kml')

本WebサイトはcookieをPHPのセッション識別および左欄目次の開閉状況記憶のために使用しています。同意できる方のみご覧ください。More information about cookies
programming/python/packages/simplekml.txt · 最終更新: 2019/12/23 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0