日付処理

後で書きます(ぺこり)

日付型・日付文字列型・UnixTime整数型 相互変換

FIXME

日付のイテレート

データが年月日別に管理され、その中から期間を指定して分析を行いたいことはよくある。

期間を文字列で指定すると、1日ずつ順番に日付を返すジェネレータがあると便利。

主な使い方

  • 入力文字列<Dates>
    • 指定方法
      • <Date> ::= “YYYYMMDD”形式の日付文字列
      • <Dates>::= <Date> | <Date>-<Date> | <Dates>,<Dates>
    • 意味
      • ハイフン区切り「YYYYMMDD-YYYYMMDD」は、期間を表す
      • カンマ区切り「YYYYMMDD,YYYYMMDD」は、別々の2日を表す
  • 返値
    • YYYYMMDD の文字列を指定された順に返すIterator
(例)
入力: 20150101-20150331,20150701,20150801
出力: 20150101, 20150102, 20150103, ..., 20150331, 20150701, 20150801

Python

PHP

Kotlin

このウェブサイトはクッキーを使用しています。 Webサイトを使用することで、あなたはあなたのコンピュータにクッキーを保存することに同意します。 また、あなたはあなたが私たちのプライバシーポリシーを読んで理解したことを認めます。 同意しない場合はウェブサイトを離れてください。クッキーに関する詳細情報
programming/general_purpose/dates_processing.txt · 最終更新: 2018/07/04 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0