MIDIアイテムをループさせないようにする:Reaper

たとえば1小節分の長さしかないアイテムの枠を広げて8小節にすると、その1小節が8回繰り返し演奏される。ドラムパターンなど、同じMIDIパターンを繰り返すには便利。

しかし、MIDI打ち込みを基軸にして楽曲制作する際は、以下の理由から無効化した方が使い勝手がよいと思う。

  • 1小節だけ前に伸ばす、BPMや拍子を変更する、などの操作をすると、MIDIエディタでの頭出し再生が1ループ分前からになってしまったり、アイテム末尾にループの最初の部分が一瞬混ざってしまったりする。
  • 後ろに伸ばす際も「MIDIアイテムの長さ」と「ループの終了位置」の両方を変更せねばならず二度手間になる。

[Preferences]→[Media Item Defaults]→[Loop source for new MIDI items] のチェックを外すと、新しく追加されたMIDIに関しては前後に広げても空白のスペースが追加されるだけとなる。

既に配置されたMIDIアイテムのループを解除するには、アイテム右クリック→[Item settings]→[Loop item source] のチェックを外す。

本WebサイトはcookieをPHPのセッション識別および左欄目次の開閉状況記憶のために使用しています。同意できる方のみご覧ください。More information about cookies
dtm/reaper/loop_item.txt · 最終更新: 2016/08/01 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0