差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
software:intellij:phpstorm:file_watcher:babel [2019/04/11]
ikatakos
software:intellij:phpstorm:file_watcher:babel [2019/04/11] (現在)
ikatakos [設定方法]
ライン 138: ライン 138:
 Argumentsで出力パスを指定する場合、出力先フォルダはあらかじめ無いとエラーになるので注意。 Argumentsで出力パスを指定する場合、出力先フォルダはあらかじめ無いとエラーになるので注意。
  
-<​note>​2019/04/11 +<​note ​90%
-しばらく触ってかったので以前からそうだったかは不明だがVer.2019.1で注意の要する挙動を観測+Browserify を使わず Babel を直接用いる場合、カレントディレクトリに注意する必要があるbabelの場合のコマンドライン指定は
  
-''​Arguments''​欄で''​FileNameWithoutExtension''​マクロを使うと、普通に''​relative\path\to\file.es6''​は''​file''​に展開される。+''​babel {path/to/file.es6} --out-dir {path/​to/​outdir}''​
  
-一方''​Output paths to refresh''​欄同じマロを使うと、''​relative\path\to\file''​に展開されてしまう+などとなるがes6が相対パスサブディレトリ内にある場合実際に出力される場所は 
 + 
 +''​./path/to/​outdir/​path/​to/​file.js''​ になってしまう。 
 + 
 +WorkingDirectory を ''​path/​to''​ に移動すると上手くいく。.babelrc もそこに移すか、設定はコマンドラインで直接与えるかする。
 </​note>​ </​note>​
  
software/intellij/phpstorm/file_watcher/babel.txt · 最終更新: 2019/04/11 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0