[[AtCoder]]

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
programming_algorithm:contest_history:atcoder [2019/06/13]
ikatakos
programming_algorithm:contest_history:atcoder [2019/11/06] (現在)
ikatakos [Python3ライブラリ・テクニック・読み物]
ライン 22: ライン 22:
  
   * [[https://​kenkoooo.com/​atcoder/​|AtCoder Problems]]   * [[https://​kenkoooo.com/​atcoder/​|AtCoder Problems]]
-    * 過去問を、自身やライバルの AC済み/​挑戦済み/​未挑戦 で色別に一覧できる+    * 過去問を、自身やライバルの AC済み/​挑戦済み/​未挑戦 ​や、難易度で色別に一覧できる 
 +    * 自分の解いた問題の難易度に合わせ、次に解けそうな未挑戦の問題を提案してくれる 
 +    * ユーザのStreak数、A問題,​B問題,​毎のAC数などの統計情報が見られ
   * [[https://​atcoder-scores.herokuapp.com/​|AtCoder Scores]]   * [[https://​atcoder-scores.herokuapp.com/​|AtCoder Scores]]
     * 過去問をスコア別に集計、自身やライバルのACしたスコア分布などを一覧できる     * 過去問をスコア別に集計、自身やライバルのACしたスコア分布などを一覧できる
 +  * [[https://​atcoder-replay.kakira.dev/​|AtCoder Replay (β)]]
 +    * 参加したコンテストの順位の時間変動を見られる
   * [[https://​not-522.appspot.com/​|AtCoder Virtual Contest]]   * [[https://​not-522.appspot.com/​|AtCoder Virtual Contest]]
     * 過去問を使って疑似コンテストを行える     * 過去問を使って疑似コンテストを行える
   * [[https://​jobs.atcoder.jp/​|AtCoderJobs]]   * [[https://​jobs.atcoder.jp/​|AtCoderJobs]]
     * レーティングを使って企業と求職者をマッチング     * レーティングを使って企業と求職者をマッチング
 +
 +  * 拡張
 +  * [[https://​qiita.com/​yos1up/​items/​5739b3de65e4d94c1861|Scratcher'​s AtCoder の紹介 - Qiita]]
 +    * 学習用言語Scratchで解ける(%%C++%%に変換して提出してくれる)
 +  * [[https://​qiita.com/​sasaki_/​items/​360151709f5a9c3312ee|AtCoder Color Markという円を表示する拡張機能を作った話 - Qiita]]
 +    * 公式ページの参加者やパフォーマンス表示箇所の横に、レーティングに応じた色付きの円を追加
 +  * [[http://​tatsumack.hatenablog.com/​entry/​2018/​12/​09/​113908|AtCoderの拡張機能を3つ作った話 - tatsumack blog]]
 +    * Dropbox上にテストケースが公開されている過去問は、提出詳細ページの各テストケース名の横に入力・出力へのリンクを追加
  
 =====関連記事===== =====関連記事=====
ライン 54: ライン 66:
 Pythonはスクリプト言語で、計算速度は速いとは言えない、というか遅い。 Pythonはスクリプト言語で、計算速度は速いとは言えない、というか遅い。
  
-だが、AtCoderでは1000点~などの高難度の問題でもない限り、きちんと実装すればほとんどの問題は通る。+だが、AtCoderでは1000点~などの高難度の問題でもない限り、きちんと実装すればほとんどの問題は通る。(注: 高難度の問題も多くは通るはず。ただし自分が多くは解けてないので、その割合は知らない)
  
 この「きちんと実装すれば」がポイントで、逆に言うと %%C++%% などでは多少効率の悪いプログラムを書いても通ってしまうことがあるが、Pythonだとなかなかそうはいかない。 この「きちんと実装すれば」がポイントで、逆に言うと %%C++%% などでは多少効率の悪いプログラムを書いても通ってしまうことがあるが、Pythonだとなかなかそうはいかない。
ライン 67: ライン 79:
     * AtCoderでは、PyPyという、Pythonコードを高速に実行する実行時コンパイル言語を使うことができる     * AtCoderでは、PyPyという、Pythonコードを高速に実行する実行時コンパイル言語を使うことができる
       * NumPyなど一部のライブラリが使えないが、基本的に同じコードで動き、書き換えの必要は無い       * NumPyなど一部のライブラリが使えないが、基本的に同じコードで動き、書き換えの必要は無い
-      * これにより、スクリプト言語では計算量が厳しい問題でも通せたりする+      * これにより、一般的なスクリプト言語では計算量が厳しい問題でも、PyPyなら通せたりする
   * デメリット   * デメリット
     * 遅い     * 遅い
ライン 81: ライン 93:
  
 Python他の高機能言語も、計算量が問題にならない問題に対しては簡単に素早く書けるというメリットはあるとは思う。 Python他の高機能言語も、計算量が問題にならない問題に対しては簡単に素早く書けるというメリットはあるとは思う。
-従って理想を言うなら言語の選択肢は多いいが、の判断が競技中に適切に出来るかというと……まぁ難しいので、基本は高速な言語を優先した方がいい。+従って理想を言うなら両刀使いが強そうだが、言語切り替え判断が競技中に適切に出来るかというと……まぁ難しいので、基本は高速な言語を優先した方がいい。
  
 そうでは無くて、言語の習得がてらとか、元からPythonやってたとかで、敷居低く楽しみながら参加するのであれば、「Pythonでも十分戦えるよ」ということは言えると思う。 そうでは無くて、言語の習得がてらとか、元からPythonやってたとかで、敷居低く楽しみながら参加するのであれば、「Pythonでも十分戦えるよ」ということは言えると思う。
ライン 92: ライン 104:
   * [[https://​nagiss.hateblo.jp/​entry/​2019/​03/​12/​012944|Python で AtCoder を遊ぶときに知ってると便利かもしれないこと - 菜]](nagiss氏)   * [[https://​nagiss.hateblo.jp/​entry/​2019/​03/​12/​012944|Python で AtCoder を遊ぶときに知ってると便利かもしれないこと - 菜]](nagiss氏)
   * [[https://​qiita.com/​Kentaro_okumura/​items/​a6917572756a2e3c0da9|PythonでAtCoder青になるまで -Pythonで競プロやるときに気をつけること- - Qiita]](okumura氏)   * [[https://​qiita.com/​Kentaro_okumura/​items/​a6917572756a2e3c0da9|PythonでAtCoder青になるまで -Pythonで競プロやるときに気をつけること- - Qiita]](okumura氏)
 +  * [[https://​maspypy.com/​atcoder-%E6%A9%992400%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F#​toc8|[AtCoder] 橙(2400+)になりました | maspyのHP]](maspy氏)
  
  
programming_algorithm/contest_history/atcoder.1560437489.txt.gz · 最終更新: 2019/06/13 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0