差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
programming_algorithm:contest_history:atcoder:2019:1104_agc040 [2019/11/05]
ikatakos [解法]
programming_algorithm:contest_history:atcoder:2019:1104_agc040 [2019/11/05]
ikatakos [解法]
ライン 243: ライン 243:
 それ以外の文字で爆薬が、岩盤の長さと同数必要。 それ以外の文字で爆薬が、岩盤の長さと同数必要。
 爆薬は、indexが奇数番目(Bと組になるもの)ならA以外、偶数番目(Aと組になるもの)ならB以外なら何でもよいので、1箇所につき2通りずつの選択肢がある。 爆薬は、indexが奇数番目(Bと組になるもの)ならA以外、偶数番目(Aと組になるもの)ならB以外なら何でもよいので、1箇所につき2通りずつの選択肢がある。
 +(奇数番目がAの岩盤の場合)
 +
 +常にindexの偶奇は不変なので、奇数番目がAの岩盤を考えている間、ある瞬間に岩盤の'​A'​と隣接して使えるはずだった爆薬の'​A'​が、操作手順によって岩盤に変化したり、岩盤の'​B'​と隣接して使えなくなる、ということは無い。
  
  
programming_algorithm/contest_history/atcoder/2019/1104_agc040.txt · 最終更新: 2019/11/05 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0