差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
programming_algorithm:contest_history:atcoder:2019:0504_agc033 [2019/05/10]
ikatakos [解法]
programming_algorithm:contest_history:atcoder:2019:0504_agc033 [2019/05/10] (現在)
ikatakos [問題]
ライン 116: ライン 116:
   * $N$ 個の点で等分された円周   * $N$ 個の点で等分された円周
   * 長さ $M$ の、'​R',​ '​B'​ のみからなる文字列 $S$ がある   * 長さ $M$ の、'​R',​ '​B'​ のみからなる文字列 $S$ がある
-  * 隣り合う点と点に挟まれた円弧を「1区間」とし、各区間を赤か青で塗り分け+  * 隣り合う点と点に挟まれた円弧を「1区間」とし、各区間を赤か青で塗る
   * $2^N$ 通りの塗り方の内、以下の条件を満たすものの個数を求めよ   * $2^N$ 通りの塗り方の内、以下の条件を満たすものの個数を求めよ
     * 円周上の $N$ 個の点を1つ選び、そこから出発する     * 円周上の $N$ 個の点を1つ選び、そこから出発する
     * 円周上で隣り合う点まで移動することを $M$ 回繰り返す。点では方向転換が可能     * 円周上で隣り合う点まで移動することを $M$ 回繰り返す。点では方向転換が可能
-    ​* 赤を通ったら'​R'​、青を通ったら'​B'​で記録していくと、移動軌跡を示す長さ $M$ の文字列 $T$ ができる +    * この時、どの点から出発しても、移動方向を上手く選ぶと $i回目の移動で通る区間の色を $S_iが '​R'​ なら赤色、'​B'​ なら青色にできる
-    ​* この時、どの点から出発しても、移動方向を上手く選ぶと$T$ を $S$ に一致させることができる+
   * $2 \le N \le 2 \times 10^5$   * $2 \le N \le 2 \times 10^5$
   * $1 \le M \le 2 \times 10^5$   * $1 \le M \le 2 \times 10^5$
programming_algorithm/contest_history/atcoder/2019/0504_agc033.txt · 最終更新: 2019/05/10 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0