差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
programming_algorithm:contest_history:atcoder:2019:0413_abc124 [2019/04/13]
ikatakos [解法]
programming_algorithm:contest_history:atcoder:2019:0413_abc124 [2019/04/13] (現在)
ikatakos [解法]
ライン 77: ライン 77:
   1110001000000100   1110001000000100
     ↓     ↓
-  [3, 3,1, 6,  1,​2,​0] ​ ←便宜上、左右端が'​0'​だった場合は'​1'​が0個と考えて0を追加しておく+  ​111 000 1 000000 1 00 
 +    ↓ 
 +  ​[ 3,  3,1,     ​6,1, 2, 0]  ←便宜上、左右端が'​0'​だった場合は'​1'​が0個と考えて0を追加しておく
  
 連続する $2K+1$ 要素の和の中で、最大のものを求めればよいことになる。 連続する $2K+1$ 要素の和の中で、最大のものを求めればよいことになる。
ライン 90: ライン 92:
                       ~~~~~~~~~~~~~~ ​  ​= ​ 9                       ~~~~~~~~~~~~~~ ​  ​= ​ 9
  
-区間の和は、累積和を用いれば高速に行える。+区間の和は、累積和または尺取法を用いれば高速に行える。
  
 <sxh python> <sxh python>
programming_algorithm/contest_history/atcoder/2019/0413_abc124.txt · 最終更新: 2019/04/13 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0