[[seaborn]]

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
最新リビジョン 両方とも次のリビジョン
programming:python:packages:graph:seaborn [2018/03/12]
ikatakos ↷ programming:python:packages:seaborn から programming:python:packages:graph:seaborn へページを移動しました。
programming:python:packages:graph:seaborn [2018/03/15]
ikatakos
ライン 127: ライン 127:
 [[https://​seaborn.pydata.org/​generated/​seaborn.pointplot.html|seaborn.pointplot — seaborn 0.8.1 documentation]] [[https://​seaborn.pydata.org/​generated/​seaborn.pointplot.html|seaborn.pointplot — seaborn 0.8.1 documentation]]
  
-折れ線グラフは、pointplot +折れ線グラフは、seabornではなくmatplotlib純正のplot()使った方がよい。というかseabornには存在しない。
-といいつつ、seabornには純粋に折れ線グラフを描く機能のみの関数は存在しない。折れ線は設定が単純なので、matplotlibをそのまま使えばよい。+
  
-pointplotが"​一工夫"​してれるは、集計値と信頼区間の折れ線を描ける点。+一応、pointplot()それっぽいが、横軸が数値データでなくカテゴリデータとして扱われる。つまり、(x,​y)=(1,​1)(2,​2)(3,​3)(5,​5)とデータがあった場合、折れ線グラフであれば3と5の間に1つ分のスペースを空けるのが妥当だがseabornでは等間隔で描かれる。ので、やはり素直にmatplotlibを使いましょう。 
 + 
 +x軸が等間隔であることが保証されていたり、カテゴリデータであるなら、pointplot()は使える。特に、任意の集計値とその信頼区間を描ける点はmatplotlibには無い利点である
  
 通常、折れ線グラフに与えるデータは1次元(x軸の項目に対応するy軸の値が1対1対応で存在している)。 通常、折れ線グラフに与えるデータは1次元(x軸の項目に対応するy軸の値が1対1対応で存在している)。
  
 pointplotでは、1つのx軸の項目に対応する値が複数個あるようなデータを渡すと、任意の集計値(初期設定は平均値)とその信頼区間を描いてくれるので、データの概要を掴みやすい。 pointplotでは、1つのx軸の項目に対応する値が複数個あるようなデータを渡すと、任意の集計値(初期設定は平均値)とその信頼区間を描いてくれるので、データの概要を掴みやすい。
 +
 +  x   ​y ​             ↑       |
 +  A  [ 5, 10, 15]    |    |/|
 +  B  [10, 20, 30] -> | |/|
 +  C  [40, 30, 20]    | |
 +                     ​┼────→
 +                        A  B  C
  
 ^ 引数 ​                                                                                                      ^ 型                    ^ 初期値 ​   ^ 説明 ​                                                                                    ^ ^ 引数 ​                                                                                                      ^ 型                    ^ 初期値 ​   ^ 説明 ​                                                                                    ^
programming/python/packages/graph/seaborn.txt · 最終更新: 2018/03/15 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0