アップデート:MySQL

前提:

  • Windows
  • 前回zipアーカイブからインストールした
  • 今回もzipアーカイブからインストールする
  • MySQLサーバをサービスとして登録している

DBのバックアップ

旧データベースをファイルとして出力しておく。全部捨てて構わない場合はこの作業は必要ない。

コマンドプロンプトから、mysqldumpにオプションを指定して実行する。

全てのデータベース

> mysqldump --all-databases -u root -p > {bak_filename}.sql

特定のデータベース

> mysqldump --databases {dbname1}[ {dbname2} {dbbanme3}...] -u root -p > {bak_filename}.sql

特定の1つのデータベース

> mysqldump {dbname} -u root -p > {bak_filename}.sql

phpMyAdminがあるならそちらの[エクスポート]-[ファイルに保存する]を使ってもよい。

サービスから削除

管理者権限のコマンドプロンプトから、

> NET STOP MySQL
> mysqld --remove

MySQLサーバをサービスに登録してない場合でも、サーバが起動しているなら次の操作の前に終了させておく。

> mysqladmin -u root -p shutdown

アーカイブを移動

旧MySQLフォルダをリネームして新しいのを同名で設置。

バックアップファイルをデータ保存場所に入れる。(phpMyAdminで出力したなら、後で[インポート]を使ってもよい)

必要ならmy.iniの編集もおこなう。

PHPもインストールしていて、MySQLのフォルダ名を変えた場合は、php.iniの方も変えなければならないので注意。

サーバを起動

> mysqld --defaults-file={MySQLフォルダ}\my.ini --standalone --console

ログインしてみる

> mysql -u root -p
> Enter password:(無入力でEnter)

mysql> 

サービスへ登録

> mysqld --install MySQL --defaults-file={config {MySQLフォルダ}\my.ini
> NET START MySQL
  • –install XXX : XXXというサービス名で登録。デフォルトはMySQL
  • –defaults-file=file_name : サーバ起動時に設定ファイル読み込む

データのインポート

> mysql -u root -p < {bak_filename}.sql
programming/web_server/mysql/update.txt · 最終更新: 2018/07/04 by ikatakos
CC Attribution 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0